>

アウターの正しい選び方とは

動きやすいサイズのアウター

身体のサイズにピッタリのアウターを着用すると、しゃがんだ時にきつく感じることがあります。
少し大きいサイズのアウターを選択すれば、どのような状態でもスムーズに動けます。
またゲレンデは寒いので、アウターの下に何枚も重ね着する可能性があります。
身体にピッタリのサイズだと、重ね着をした時に窮屈になるので注意してください。

お店に行ってアウターを購入する時は試着をすると思いますが、実際にゲレンデへ行く恰好をするのがおすすめです。
普段の恰好では重ねをしていないので、試着しても正しいサイズ感覚が分からないと思います。
きちんと重ね着をして試着をすれば、少し大きめで動きやすいアウターを選択できます。
ちゃんとサイズを確認しましょう。

ズボンを選択しよう

ウィンタースポーツをする時は、上半身のアウターだけでなく下半身のアウターも必要になります。
試着をした時は長くても、ブーツの中に入れれば問題ないと感じるケースが多いです。
丈がピッタリのサイズだと、窮屈になる可能性があるので気をつけてください。
こちらも上半身のアウターを試着する時と同じで、実際にゲレンデで履くブーツを履いて試着しに行ってください。

あまりにも丈が長く感じた場合は大きすぎるサイズですが、ブーツの中にきちんとしまえたら問題ありません。
窮屈なズボンでは、移動しにくいです。
上手く膝を曲げられないので、ウィンタースポーツをしている時にケガをする可能性があります。
ケガを防止するために、正しいアウターが必要です。


この記事をシェアする